ワキガ体質の黄色い汗じみの洗濯方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
歳を重ねて臭いが

汗をかくとわきに黄色いしみが出来る事がありますね。普通の人でも黄色いしみができますが、ワキガ体質の人のしみよりも色が薄く洗濯しても落ちやすいです。

ワキガ体質の人はアポクリン腺が発達しており、そこから出る汗にはワキガ特有の濃い黄色い染みの原因となるリポフスチンという物質が含まれています。

この物質による黄色い染みは、普通の汗じみとは違い、なかなか落ちにくいです。まずは洗濯をまめにするようにする事と、その際に漂白剤も一緒に使うと良いです。

漂白剤で洗う事は、しみを落とすだけではなく、ワキガによる匂いも消臭してくれるので一石二鳥です。

これで薄いしみや、ついてすぐのしみは取れます。しかし、ちょっと油断して頑固な黄色いしみが出来てしまった場合は少し工夫した漂白剤の使い方をします。

酸素系の液体漂白剤に重曹を混ぜた物を作りそれで洗濯します。分量は酸素系液体漂白剤:重曹を1:1の割合で混ぜます。酸素系漂白剤にアルカリ性の重曹を入れることで漂白剤の効果をUPさせるのですが、時間が経つと反応が終わってしまって漂白効果が弱くなってしまうので作り置きはできません。その都度使う分だけを作ってください。そして軽く水洗いして絞ったシャツのしみの部分に直接塗り、水につけ置き洗いをします。しばらくつけ置いてから普通に洗濯します。もっと漂白効果を上げるには、少し熱めのお湯につけておくと効果が増します。白いシャツに黄色いしみがついているととても目立ちますし、それを人に指摘されるのはとても恥ずかしいです。特に、ワキガに悩んでいる人にとっては臭いを指摘されるのと同じくらい恥ずかしい思いをすると思います。そんな辛い目にあわないように、洗濯をきちんとして、気持ち良く過ごしたいものですよね。

ワキガ対策商品ランキングTOPへ